宗像市の小さな、IT自営業です。福岡のソフトウェア開発・ホームページ作成いたします。宗像市・福津市のパソコントラブル出張も承ります!

Main menu:


▼あちこち方位スマホ専用 お待たせしました - あちこち方位Sへ

気学/風水/遁甲が大好きな方位マニア向けのページです[スマホ専用]

▼方位マニア向けサイト 方位を調べる!あちこち方位へ

気学/風水/遁甲が大好きな方位マニア向けのページです[PC用]

▼携帯画像公開サイト 携帯写真を共有する!DoUp! 紹介へ

携帯電話で撮った写真を最も簡単に公開できる携帯用サイトです[携帯汎用]

 



ブログ内検索

 

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

カンタンWEBサーバ


xampp_logo.jpg久しぶりに、自分用メモ。いや、健忘禄か(^^;
パソコンネタの落書きなので、食あたりに注意!

ちょっとした案件で小さな構内WEBシステムを構築する際、ほとんどの場合はIISとかでお茶を濁すのが田舎流(^^;

だって、サーバ管理者なんて都会にしか存在しない。サーバと化したPCは殆ど無人クン状態。Windows標準でイイじゃん。

ところが、レガシーな資産を使いたい場合、やはりPHPだったりMySQLだったりが欲しい。そんな時に便利なのが

  • XAMPP

↑正直、読み方は知らない(笑

以前愛用させてもらってた「PhpDev」はいつのまにかその座を「XAMPP」に譲ってました。で、AMPとは、

  1. Apache
  2. MySQL
  3. PHP

の頭文字らしい。「AMPP」だと、4番目は

  • Perl

だろうか。つまりWindowsでカンタンに使える

  • WEBサーバ
  • データベースサーバ
  • サーバサイドスクリプト

のパッケージの現在の主流が、「XAMPP」ということですな。パッケージをダウンロードして、解凍して、中の「setup_xampp.bat」を動かせば数秒でパス関係の設定完了。レジストリやシステムフォルダに影響ゼロ。うむこれは便利。USBメモリに入れて持ち歩いてもお洒落度バツグン(死語

で、ココからが健忘禄。

まずXAMPPのバージョン。PHP4.x / MySQL4.x の黄金コンビを使いたい場合は、

  • XAMPP for Windows Version 1.4.16

が最終バージョン。これ以降だと、PHP4は入っててもMySQL5.xになっちゃう。

あと、MySQL4.1で悩むのが、phpMyadminでの「文字化け」。これにはハマった。以下、解決した方法↓

  1. 全ての文字コードをUTF-8に統一
    (思い切りが大切 😛 )
  2. xampp\mysql_start.bat に、
    –default-character-set=”utf8″
    を追加。
  3. \xampp\mysql\bin\my.cnf に、
    [mysqld]
    init-connect=SET NAMES utf8
    [mysql]
    default-character-set-name=utf8

    を追加。
  4. 次に、phpMyadminを起動して、
    Language は 「Japanese(ja-utf-8 )
    MySQLの文字セット: UTF-8 Unicode (utf8 )
    MySQL 接続照会順序: utf8_unicode_ci
    にして、利用するDBを選択→操作 から
    照会順序: utf8_unicode_ci へ変更。
  5. 同じ要領で、各TABLE、フィールド、それぞれ全ての照会順序をutf8_unicode_ci へ変更
  6. で、PHPからクエリ発行する際は、一応、
    SET NAMES utf8
    を前もって実行するようにすれば、OK。

・・・色々とネット検索しまくったり試行錯誤だったので、多少やり方が強引かも(笑)でもこれで文字化けは直ったよ。

で、もういっちょ健忘禄。

Win2000にApacheを入れとくと何故か、同LAN内からのレスポンスが激遅だったりした場合は、

  • C:\WINNT\system32\drivers\etc\hosts
    に、LAN内のPC名とIPアドレスをセットしておけば速くなる。

さすがApache。アクセス元をぐるぐる探しちゃってるっぽい。かなり執念は強いとみた。

・・・以上、なんとなく健忘禄でした。おわり!

P.S.
今回もかなり雑な記事です。ご利用は自己責任で 😉

コメント記入欄