あちこち方位は3種類。案内板はココを押してね♬

偏角2020年版(D2020)に対応しました(あちこち方位v2.0)偏角についてご利用前になるべくご一読ください

たいへん長らくお待たせしました。いえ、自分が一番の待ち人だったかもしれません。

(西)偏角2020、はじめました

今年は2021年。(西)偏角2020年版はまだか、と。
はい、とりあえず実装しましたのでマニアの方々お待たせしました♬とりあえず「あちこち方位v2.0」をリロードしてみて使ってやって下さいませ。いつもの【偏角計算Ver】にD2020が増えている筈です。

D2020は、選択してから反映されるまで一瞬だけ待つと思いますがご了承下さい。

D2020(地磁気値時空間モデルver2020)なのです

すんごい話なのです。国土地理院さんはすごい人々の集まりなのです。
国土地理院さんは日本の国土中にそりゃあもう沢山の地磁気センサーとかを設置管理計測されております。これらの年間を通したデータを利用して国内各地での地磁気の向きや強さなどを公開されたり近似値計算式なども教えてくださっておりました。

2000年、2010年と、そして計算機能力の向上も手伝ってか間隔を5年にしたver.2015でも近似値計算式の係数を示してくださり2017年には係数の修正まで教えて下さってます(偏角D2015の係数には変更がありませんでした)。あちこち方位ではこうした国土地理院さんのお陰で「偏角を考慮」という機能が実現しているのです。

で、ver.2020(D2020)です。
方位というより地磁気マニアな方は既にとっくにご存知だと思いますが、地磁気(偏角、伏角、全磁力、水平分力、鉛直分力)の近似値計算は大きく変化しました。

航空機な業界にも使えるものを!

色んな人が記事にしてるので詳細は省いてネタバレ的に書きます。そういうことなのです。なんと日本の航空機も米国からの地磁気情報を利用して飛んでいるのです。こんなにスゴい国土地理院さんを差し置いて、です。国交省からニーズ詳細をヒアリングした皆さんの奮闘が始まります。更新がなるべく簡便で年1には更新できてなるべく制度の高いものを!

で、北海道や沖縄の計測器などを使い数パターンの計算方法を検証した結果「時間が離れると精度は落ちるがデータ更新が簡便な方法」を採用することに決定したのです。血と汗と涙の物語はどうか各自の脳内で再生して下さい。それほどの大偉業だと1マニアは思ってます。

「地磁気じゃなくて方位マニアなんだけど」な方にも伝わるように一言で書くと『今までの地磁気モデルに時間軸を入れた』というお話です。そうです、これからの偏角は時間も要素に加わったのです。

この辺は国土地理院さんのWEBサイトにたくさん情報がありますので、お好きな方はぜひ。レポートもあったりで時間があっという間に経ちます(笑)

実はD2021として計算してます

という事で当サイトのD2020は、実は春からこっそり実装していましたが、実はコレ、2021年で計算しております。つまりD2021相当の西偏角を使って方位線が描けるという事です。偏角を重視される流派の方々、細かい性格の方々、どうか安心してご活用くださいませ♬

以上、あちこち方位v2.0の西偏角D2020対応のお知らせでした。

コメント

  1. ふわりん より:

    いつも楽しくあちこち方位を利用しています!毎日のようにあちこち方位を利用していて、ある時ハッと気づいたのですが先日アド街ック天国の放送で「スカイツリー」が特集されていました。その時にスカイツリーは 富士山から茨城県の鹿島神宮まで繋がるレイラインの上にあるという放送がされていました。そこでお願いがあるのですがあちこち方位さんの機能としてピンク色や赤色などの蛍光ペンのようにレイラインが地図上に色付けされるととてもまた便利に方位と一緒に使うことが出来てとても良いと思います。またここで気をつけて頂きたいのが先日放送の「アド街ック天国」でもレイラインの道幅は一体どのくらいの道幅なのか?と話題になっていましたがそこら辺も調べて頂いた上で機能を付けて下さるとより便利で良いと思います。今後もあちこち方位さんの機能向上に期待をしています。是非頑張って下さい!よろしくお願いします。

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました