宗像市の小さな、IT自営業です。福岡のソフトウェア開発・ホームページ作成いたします。宗像市・福津市のパソコントラブル出張も承ります!

Main menu:


▼あちこち方位スマホ専用 お待たせしました - あちこち方位Sへ

気学/風水/遁甲が大好きな方位マニア向けのページです[スマホ専用]

▼方位マニア向けサイト 方位を調べる!あちこち方位へ

気学/風水/遁甲が大好きな方位マニア向けのページです[PC用]

▼携帯画像公開サイト 携帯写真を共有する!DoUp! 紹介へ

携帯電話で撮った写真を最も簡単に公開できる携帯用サイトです[携帯汎用]

 



ブログ内検索

 

最近の記事

カテゴリ

アーカイブ

「ゼロ」と「無し」と「空」


近所で話題の新しい回転寿司で夕飯。30分待ちでカウンター席に付くことが出来た。
待つ間、整理券の発行機を見ていると、殆どのお年寄りが同じ操作でツマづいていた。

画面でオトナの人数をテンキーで押すと、次にコドモの人数を訊ねてくる。同じくテンキーで押せば良いのだが、子ども連れではない場合に、お年寄りはココで固まるのだ。

画面は直前のオトナと同じ。その数字のゼロを押せば…だか他のボタンを探している。それは「(同行)無し」のボタン。

もし店員に直接訊かれたらどう応えるだろうか。普通は「ゼロです!」とは云わない。

コンピュータにも「無し」という概念は在るが、実はゼロとは全く違う。どちらかと云えば「無」というか「空(くう)」の意味なのだ。

だから開発者は何の疑いも無く数値入力だけにしたのだろう。実際若い世代を始め半数以上が迷わずゼロを押していた。だか残りの半数弱は「無し」を探していたのも事実。

多分、ゼロでも無しでも実用上は変わらないし、寧ろコスト削減で削ったのかもしれない。

だが、ソフトを作る同業として良い勉強をさせて戴いた貴重な時間でした。

コメント記入欄